一般社団法人全日本吹奏楽連盟北海道支部/釧路地区吹奏楽連盟
HOME連盟ニュース<平成30年度定期総会>大会開催手法変更など8つの議案を承認
  • 連盟ニュース
  • KUSHIRO Band Association NEWS

<平成30年度定期総会>大会開催手法変更など8つの議案を承認

  • 掲載年月日
  • 2018年5月12日
 釧路地区吹奏楽連盟の平成30年度定期総会を12日、北海道釧路北陽高等学校で開き、委任状を含む73団体が出席しました。今年度の総会では、小学校バンドフェスティバルと管楽器個人・アンサンブルコンクールの開催手法の変更等を含む8つの議案を審議し、すべて全会一致で承認されました。

 マーチングコンテストと小学校バンドフェスティバルはこれまで、湿原の風アリーナ釧路を会場に開催していましたが、ここ数年はマーチングコンテストへの出場団体がなく小学校バンドフェスティバルのみの状況が続いていたことや、小学校バンドフェスティバルでの演奏手法も大部分が座奏であり、過去のようなにマーチング形式での演奏演技や立奏等も見られないことから、マーチングコンテストの地区予選を一時休止し、小学校バンドフェスティバルを吹奏楽コンクールと併催することについて審議しました。
 また、管楽器個人コンクールとアンサンブルコンクールは同日に分離開催することとし、管楽器個人コンクールは釧路市民文化会館小ホールで、アンサンブルコンクールは同館大ホールでそれぞれ実施することや、アンサンブルコンクールの団体からの出場グループ数の上限を、大学と一般部門に限って1グループとすることについて審議し、それぞれ全会一致で承認されました。