HOME連盟ニュース
  • 連盟ニュース
  • KUSHIRO Band Association NEWS
  •  新型コロナウイルス感染症の感染拡大により動画審査方式での開催となった第57回北海道管楽器個人コンテストと第52回北海道アンサンブルコンテスト(北海道吹奏楽連盟などが主催)は、2日間にわたる審査を終了し、それぞれの大会・部門の審査結果を北海道吹奏楽連盟ホームページで発表しました。このうち、アンサンブルコンテスト中学校の部に出場した釧路町立富原中学校クラリネット四重奏が金賞を受賞し、さらに2年連続4度目となる北海道代表に選ばれました。
  •  釧路地区吹奏楽連盟・朝日新聞社主催「第47回釧路地区管楽器個人・アンサンブルコンテスト」を16日、コーチャンフォー釧路文化ホールで行い、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため無観客開催で、徹底した感染予防対策が施される中、来月札幌市で行われる北海道支部大会の代表者や代表グループが決定しました。
  •  釧路地区吹奏楽連盟などが主催し、来年1月16日に開催する「第47回釧路地区管楽器個人・アンサンブルコンテスト」の出場申込を14日午後7時で締め切り、今大会には前回より10団体少ない52団体から個人コンテストに29名が、アンサンブルコンテストには76グループ447名が出場します。
  •  釧路地区吹奏楽連盟として令和2年度最初の事業となった釧路市芸術祭「吹奏楽フェスタ2020」を10月31日、コーチャンフォー釧路文化ホール(釧路市民文化会館)で開き、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策として初の無観客開催となりましたが、18団体が多彩な曲を演奏しました。
  •  常葉大学短期大学部非常勤講師の野津如弘氏による指導者講習会を22日、釧路北陽高等学校で開き、加盟団体の指導者17名が北陽高校吹奏楽局をモデルバンドに指揮を振りながら野津氏から直接指揮法を学びました。